介護用品の種類と機能を調べます

介護用品をうまく使いこなすことは、介護される側にとっても家族にとってもメリットがあります。家族が大変そうであったり苦労していることが見えてしまうと、迷惑をかけていると思い込んで気持ちが塞いでしまったり、逆にキレやすくなってしまうことがあります。これまで大変だったお世話が楽になると、家族も悲観的にならずに済み気持ちが前向きになったり、時間の短縮から休憩したり他の事を行う時間がつくれるようになったりもします。種類や機能を十分に知っていないと、損をしたり危険な時もあるため、十分に知識を得てから導入を行うことがベストです。不自由な部分や体のサイズなどに合わせて、オーダーメイドすることができる製品もあります。既製品とは違って、より介護を行いやすくなる特徴があります。

ベッドに工夫することで自立支援も可能

体に不自由なところがあったり寝たきりの状態なら、ベッドの機能が充実していないととても大変です。介護用品の中でも電動ベッドは、機能も種類も充実していて身体機能の低下があっても、食事やおむつ交換などが行いやすくなります。一般的に備わっているのは電動でベッドの高さを変えたり、背中を起こしたり、足をあげさせたりするものですが、寝たきりでは無く自分で歩くことができる状態であるなら、立ち上がり補助機能が備わっている方が良いです。簡単に立ち上がれるようになると、自信がついて積極的に歩いてくれるようになることがあります。転落防止のために備わっているサイドレールの幅は注意する必要があって、電動で動かした時に頭や体が挟まることのないように、安全性の高いものであるか確認が必要です。

移動の際に欠かせない車いすの利用

足が不自由であったり身体機能が衰えているときには、車いすの利用が欠かせません。通院や散歩のために外出するときだけでなく、家の中でトイレに行ったりお風呂に入るときにも使うことができます。ベッドに寝かせたままトイレをさせたり体を拭いたほうが、本人が楽なように見えますが、トイレで用を足せないことやお風呂場で入浴ができないことは気力をそいでしまうことにつながり、自立から遠ざけてしまいます。浴室で使う車いすと普段移動で使うものはタイプが違うので、介護用品取扱店で良く話を聞いてから購入しましょう。便座をセットして用を足すことができるタイプもありますが、導入が必要かはよく検討するべきです。安全性の面から、介助者が手を放したら止まるようになっている車いすを導入したほうが、坂道での危険を避けることに役立ちます。

取扱店の少ない介護食なども豊富に取扱い。 ホームページのアウトレット品は新品や未使用品なのにもかかわらず、最高で9割引きという料金で販売しています。 介護用品は重いものも多いので、当社のホームページから通信販売を利用すれば宅配してくれるのでとても便利です。 あかね福祉は、郡山営業所、盛岡営業所、仙台営業所があります。 商品は、全国各地に配送しています。10500円以上は送料無料です。 あかね福祉は介護用品揃ってます